SUITS/スーツ あらすじ 最終回

SUITS/スーツ あらすじ 最終回

2018年10月開始の秋ドラマ 月曜日のおすすめは「SUITS/スーツ」です。

12月17日(月)は、最終回の放送となります。

10年ぶりの月9ドラマ主演となる織田裕二さんに注目です。

最新のあらすじが、公開されました。

SUITS/スーツ あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

検察時代に担当した事件が冤罪(えんざい)だと気付いた甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)を迎えに行き、再審を目指して共に動きだす。

名門高校の女子生徒・珠里が刺殺され、傷害の前科がある栗林が逮捕されたこの事件では、栗林以外の第三者の血液が付着した珠里の衣服などの重要証拠が、当時の上司・柳(國村隼)の手により甲斐の知らないうちに隠匿されていた。

甲斐は、事件直前に珠里と会っていた同じ高校の男子生徒・曽我部と蜂矢が真犯人だとにらむ。

以上が、SUITS/スーツ あらすじ 最終回の紹介でした。

「SUITS/スーツ」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

織田裕二さんと中島裕翔さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント