トレース~科捜研の男~ あらすじ

トレース~科捜研の男~ あらすじ

2019年1月開始の冬ドラマ 月曜日のおすすめは「トレース~科捜研の男~」です。

フジテレビ系にて 1月7日(月)放送スタート!!

月9初主演の錦戸亮が「科捜研の“男”」に挑む本格サスペンス。

「トレース~科捜研の男~」いったいどんなドラマなのか・・・

今回は、気になるあらすじの紹介です。

ドラマの参考にどうぞ!!

トレース~科捜研の男~ あらすじは、下記の内容となります。

ある陰惨な過去を持つ警視庁科捜研法医研究員の真野礼二(錦戸亮)は、「鑑定結果こそが真実」と考え、闇に葬りさられようとしている真実のかけらを見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしようとする。

そんな真野の元にやって来た新人法医研究員・沢口ノンナ(新木優子)は、真実を追い求めるあまり暴走する真野に巻き込まれ、手伝うはめになる。

真野とは逆に、長年の刑事の勘を頼りに事件を捜査し、犯人を逮捕することに情熱を注ぐベテラン刑事・虎丸良平(船越英一郎)は、真野の姿を見うるうちに、次第に心が動かされていく。

以上が、トレース~科捜研の男~ あらすじの紹介でした。

「トレース~科捜研の男~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

錦戸亮さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント