初めて恋をした日に読む話 あらすじ

初めて恋をした日に読む話 あらすじ

2019年 冬の連続ドラマ 火曜日のおススメは、深田恭子さん 主演 火曜ドラマ 「初めて恋をした日に読む話」です。

放送は、1月15日(火)スタートです。

今回はドラマのあらすじを紹介致します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

初めて恋をした日に読む話 あらすじは、下記の内容となります。

恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子(深田恭子)。

順子はやる気も希望なく、三流予備校「山王ゼミナール」での講師の仕事もクビ寸前の状態だった。

そんな順子の元に、ピンクの髪をしたイケメンの不良高校生・由利匡平(横浜流星)が「俺を東大に入れてくんない?」とやって来る。

一方、東大卒のエリート商社マンで幼なじみのいとこ・八雲雅志(永山絢斗)が海外赴任から帰ってくるなり、順子に突然のプロポーズ。

さらに、匡平の担任教師が、順子に告白した過去がある高校時代の同級生・山下一真(中村倫也)だと分かる。

順子の気付かないところで、いつしか“恋のフラグ”が立つ転機を迎えていた。

以上が、初めて恋をした日に読む話 あらすじの紹介でした。

「初めて恋をした日に読む話」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

深田恭子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント