相棒 あらすじ 10話

相棒 あらすじ 10話

水谷豊さん 反町隆史さん 主演「相棒 season17」

物語は、4年目にして、3人目の特命係が現れる新たな展開に!

1月1日(火)10話目の放送は、元日スペシャル テレビ朝日開局60周年記念となります。

放送日は、2019年1月1日(火) 21時00分~23時15分 です。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

相棒 あらすじ 10話の紹介です。

政治活動にも参加するシャンソン歌手・瞳子(大地真央)がフランスから凱旋帰国し、話題となる。

ニュースを見ていた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が年末パトロールに出掛けると、マンションの一室から通報があり、16歳の少女・槙(優希美青)が頭から血を流した状態で見つかる。

その後、槙の母親・貴巳(河井青葉)の話から、槙と一緒にいた8カ月の樹が誘拐されたと分かる。

槙の祖父は衆院議員・劉造(西岡徳馬)で、犯人はシャンソン歌手の瞳子を使って声明文を発表する。

以上が、相棒 あらすじ 10話の紹介でした。

「相棒 season17」のレギュラー放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん 反町隆史さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント