ハケン占い師アタル あらすじ

ハケン占い師アタル あらすじ

2019年 冬の連続ドラマ 木曜日のおススメは、杉咲花さん 主演
木曜ドラマ「ハケン占い師アタル」です。

物語は、杉咲花が人気脚本家・遊川和彦とタッグを組んでおくる本格コメディードラマ。

1月17日(木)放送スタートです。

今回はドラマのあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハケン占い師アタル あらすじは、下記の内容とないます。

イベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチームで派遣社員として働くことになったアタルこと的場中(杉咲花)は、教育係の正社員・神田和実(志田未来)の下で、まずは雑用から覚え始める。

そんな中、部長の代々木匠(及川光博)が新商品イベントに50人の赤ちゃんを呼び、笑顔の集合写真を撮影する仕事を持ってくる。

イベント開催日はわずか1週間後。

赤ちゃんの確保はもちろん、会場スペースや予算も無理難題なのは明白だが、課長の大崎結(板谷由夏)は断れずに引き受けてしまう。

初めて運営を任された和実は、会議室一つまともに押さえられないという不甲斐ない仕事ぶり。

実は和実は、誰にも言えない大きな悩みを抱えていた。

以上が、ハケン占い師アタル あらすじの紹介でした。

「ハケン占い師アタル」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

杉咲花さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント