イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 3話

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 3話

坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演!

「イノセンス 冤罪弁護士」2月2日(土)は、3話目の放送となります。

物語は、 “科学”を武器に逆転劇に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は看護師・美紀(青野楓)の依頼で医師・雲仙(平岳大)の弁護をすることに。

雲仙は、心臓手術中に人工心肺が停止し患者が死亡した責任を問われ、逮捕されていた。

拓らは、雲仙と同期の磐梯(山本耕史)を訪ねるが、手術の関係者に会わせてもらえない。

雲仙の主張と病院側の報告が食い違う中、所長の別府(杉本哲太)は拓に手を引くよう命じる。

以上が、イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 3話の紹介でした。

「イノセンス 冤罪弁護士」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

坂口健太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント