初めて恋をした日に読む話 あらすじ 4話

初めて恋をした日に読む話 あらすじ 4話

2019年 冬の連続ドラマ 火曜日のおススメは、深田恭子さん 主演 火曜ドラマ 「初めて恋をした日に読む話」です。

2月5日(火)は、4話目の放送となります。

物語は、残念なしくじり鈍感女子のラブコメディー。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

初めて恋をした日に読む話 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

順調に成績を伸ばす匡平(横浜流星)は高校3年生に進級。

順子(深田恭子)は山下(中村倫也)から、冷淡な父に加え母を亡くしているという匡平の家庭環境を聞き、その孤独を思いやる。

そしてゴールデンウイーク、3泊4日の勉強合宿が開催される。

当日、匡平と美香(吉川愛)は、東大クラスの鷲津(内藤秀一郎)らがおとなしい女子・大塚(神岡実希)をいじめている場面に遭遇する。

以上が、初めて恋をした日に読む話 あらすじ 4話の紹介でした。

「初めて恋をした日に読む話」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

深田恭子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント