ハケン占い師アタル あらすじ 4話

ハケン占い師アタル あらすじ 4話

2019年 冬の連続ドラマ 木曜日のおススメは、杉咲花さん 主演
木曜ドラマ「ハケン占い師アタル」です。

物語は、杉咲花が人気脚本家・遊川和彦とタッグを組んでおくる本格コメディードラマ。

2月7日(木)は、4話目の放送となります。

今回はドラマのあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハケン占い師アタル あらすじ 4話は、下記の内容とないます。

上野(小澤征悦)を指名したイベントの仕事が舞い込む。

自身の過去の栄光を知る携帯電話会社社長(池田良)からの依頼に上野は張り切る。

一方、アタル(杉咲花)は神田(志田未来)からなぜここで働いているのか聞かれる。

そんな中、上野の企画書が先方に「過去の焼き直し」と酷評され、代々木(及川光博)は上野を外すと宣言。

激怒した上野は代々木に暴言を吐いてしまう。

以上が、ハケン占い師アタル あらすじ 4話の紹介でした。

「ハケン占い師アタル」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

杉咲花さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント