記憶捜査 あらすじ 4話

記憶捜査 あらすじ 4話

新宿東署刑事課司法係を舞台にした北大路欣也さん主演の刑事ドラマ。

金曜8時のドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」

2月8日(金)は、4話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

記憶捜査 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

東京・新宿東署に血塗られたナイフを持ったベトナム人・ダットが駆け込んでくる。

勤め先の工務店社長・牧野(河西健司)を刺殺した容疑で取り調べを受けるが、彼は否認する。

牧野の妻・智子(遊井亮子)によると、ダットは前日、牧野から怒られていたという。

やがて、牧野が不法滞在と知りながら、ダットを雇った可能性が浮上。

鬼塚(北大路欣也)は推理を進めていく。

以上が、記憶捜査 あらすじ 4話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」の放送は、
テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

北大路欣也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント