イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 4話

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 4話

坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演!

「イノセンス 冤罪弁護士」2月9日(土)は、4話目の放送となります。

物語は、 “科学”を武器に逆転劇に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

拓(坂口健太郎)は、登別(正名僕蔵)がこっそり弁護しようとしていた殺人事件を代わりに担当する。

容疑者の玩具会社社員・奈美(ともさかりえ)は溺死体で見つかった後輩のデザイナー・理沙(入山法子)の殺害を疑われ、全面否認していた。

拓と楓(川口春奈)は、奈美と理沙の旅行先の島へ向かう。

その帰り、楓は拓の父で最高検察庁の次長検事・真(草刈正雄)と会う羽目になる。

以上が、イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 4話の紹介でした。

「イノセンス 冤罪弁護士」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

坂口健太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント