トレース あらすじ 6話

トレース あらすじ 6話

2019年1月開始の冬ドラマ 月曜日のおすすめは、錦戸亮さん 主演「トレース~科捜研の男~」です。

物語は、犯行現場に残された痕跡から真実を導き出す本格サスペンス

2月11日(月)は、6話目の放送となります。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

トレース あらすじ 6話は、下記の内容となります。

40代のホームレス男性の変死体が発見され、高校生の時に失踪した新妻だと分かる。

虎丸(船越英一郎)が持ってきた遺留品を見た海塚(小雪)は、なぜか真野(錦戸亮)以外に担当させようとする。

そんな中、新妻の高校時代の担任だった早川(萩原聖人)が現場を訪れ、新妻がある事件を機に失踪したと明かす。

それは真野の家族が殺害された事件で、真野は一人で調査を進める。

以上が、トレース あらすじ 6話の紹介でした。

「トレース~科捜研の男~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

錦戸亮さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント