ハケン占い師アタル あらすじ 5話

ハケン占い師アタル あらすじ 5話

2019年 冬の連続ドラマ 木曜日のおススメは、杉咲花さん 主演
木曜ドラマ「ハケン占い師アタル」です。

物語は、杉咲花が人気脚本家・遊川和彦とタッグを組んでおくる本格コメディードラマ。

2月14日(木)は、5話目の放送となります。

今回はドラマのあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハケン占い師アタル あらすじ 5話は、下記の内容とないます。

田端(野波麻帆)は代々木(及川光博)の指示で女性の躍進に関する社内報の取材を受けることに。

いつも以上にピリピリする田端はアタル(杉咲花)の気遣いも批判する。

実は田端は失業中の父親(谷川昭一朗)と引きこもりの弟(小平大智)と暮らしており、一人で働いて家事も担う生活にいら立っていた。

そんな中、やむなく出席した会合で、田端は代々木らの発言に激怒する。

以上が、ハケン占い師アタル あらすじ 5話の紹介でした。

「ハケン占い師アタル」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

杉咲花さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント