イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 5話

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 5話

坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演!

「イノセンス 冤罪弁護士」2月16日(土)は、5話目の放送となります。

物語は、 “科学”を武器に逆転劇に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

拓(坂口健太郎)らは、体罰を疑われて起訴された高校のフェンシング部顧問・高松(豊原功補)から依頼を受ける。

高松の指導中に部長でエースの藤里(清水尋也)が倒れ、一命を取り留めるも自宅療養となっていた。

部員の田代(柾木玲弥)は、自ら高松側の証人として出廷。

だが、高松の体罰を訴え、証拠を見せる。

一方、楓(川口春奈)は前の職場で起きたセクハラ騒動に動揺する。

以上が、イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 5話の紹介でした。

「イノセンス 冤罪弁護士」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

坂口健太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント