初めて恋をした日に読む話 あらすじ 6話

初めて恋をした日に読む話 あらすじ 6話

2019年 冬の連続ドラマ 火曜日のおススメは、深田恭子さん 主演 火曜ドラマ 「初めて恋をした日に読む話」です。

2月19日(火)は、6話目の放送となります。

物語は、残念なしくじり鈍感女子のラブコメディー。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

初めて恋をした日に読む話 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

匡平(横浜流星)の気持ちを知った順子(深田恭子)は、匡平とうまく接することができない。

一方、山下(中村倫也)と順子の関係が気になる匡平は、米国出張を控えた雅志(永山絢斗)に、自身の気持ちを率直に吐露する。

そんな折、美和(安達祐実)が雅志に高校の同窓会を開くよう提案する。

雅志は「順子との恋を応援する」という美和の言葉を信じて、幹事を引き受けることにする。

以上が、初めて恋をした日に読む話 あらすじ 6話の紹介でした。

「初めて恋をした日に読む話」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

深田恭子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント