相棒 あらすじ 16話

相棒 あらすじ 16話

水谷豊さん 反町隆史さん 主演 「相棒 season17」

2月20日(水)は、16話目の放送となります。

物語は、“3人目の特命係”が現れる新たな展開に!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

相棒 あらすじ 16話は、下記の内容となります。

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は参事官・中園(小野了)に呼ばれ、極秘の捜査を命じられる。

刑事部長・内村(片桐竜次)が弁護士の小柳を殺害した疑いで神奈川県警に捕まり、黙秘していたのだ。

右京らは現場近くの工場で働く元受刑者・須藤が、12年前に女子高生を殺害し、小柳が弁護したと知る。

女子高生の自宅で母親から話を聞いた右京は、室内の様子に違和感を覚える。

以上が、相棒 あらすじ 16話の紹介でした。

「相棒 season17」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん 反町隆史さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント