ハケン占い師アタル あらすじ 6話

ハケン占い師アタル あらすじ 6話

2019年 冬の連続ドラマ 木曜日のおススメは、杉咲花さん 主演
木曜ドラマ「ハケン占い師アタル」です。

物語は、杉咲花が人気脚本家・遊川和彦とタッグを組んでおくる本格コメディードラマ。

2月21日(木)は、6話目の放送となります。

今回はドラマのあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハケン占い師アタル あらすじ 6話は、下記の内容とないます。

大崎(板谷由夏)は代々木(及川光博)から、部下1人を選んで遠方の地の倉庫に出向させるよう言われる。

体のいいリストラに抗議しつつ、大崎はアタル(杉咲花)以外の個別面談を開始。

だが、上野(小澤征悦)らメンバーそれぞれの変化を目の当たりにし、出向者を選べない。

そんな中、家庭内の悩みも抱えて追い詰められる大崎に、アタルが声を掛ける。

翌日、大崎は出社せず・・・。

以上が、ハケン占い師アタル あらすじ 6話の紹介でした。

「ハケン占い師アタル」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

杉咲花さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント