メゾン・ド・ポリス あらすじ7話

メゾン・ド・ポリス あらすじ7話

高畑充希が初の刑事役に挑む!

「メゾン・ド・ポリス」2月22日(金)は、7話目の放送となります。

物語は、元警察官の“おじさま”たちと事件を解決!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

メゾン・ド・ポリス あらすじ 7話は、下記の内容となります。

何人もの女性と浮き名を流してきた資産家・本郷(井上順)の家で金庫破りが発生。

黒い噂の絶えない本郷は、ひより(高畑充希)ら警察の事情聴取に応じず雲隠れし、幼なじみである伊達(近藤正臣)に直接調査を依頼する。

藤堂(野口五郎)らは金庫に開けられた小さな穴の周囲に付着する鱗粉(りんぷん)を発見。

この手口は昭和の有名な金庫破り「アゲハ」と酷似していた。

以上が、メゾン・ド・ポリス あらすじ 7話の紹介でした。

「メゾン・ド・ポリス」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

高畑充希さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント