イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 6話

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 6話

坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演!

「イノセンス 冤罪弁護士」2月23日(土)は、6話目の放送となります。

物語は、 “科学”を武器に逆転劇に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

拓(坂口健太郎)を変えた過去の殺人事件を知った楓(川口春奈)は、パラリーガルの穂香(趣里)から、拓が事件にこだわる別の理由があると聞く。

そんな中、拓らは射殺事件で逮捕された大企業の社長の息子・裕也(須賀健太)の弁護のため調査を開始。

裕也の家の使用人・有珠田(吹越満)の証言と周囲の話の食い違いに気付く。

同じ頃、穂香の息子・晴斗(森優理斗)が誘拐される。

以上が、イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 6話の紹介でした。

「イノセンス 冤罪弁護士」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

坂口健太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント