グッドワイフ あらすじ 7話

グッドワイフ あらすじ 7話

常盤貴子さん 主演!

日曜劇場「グッドワイフ」2月24日(日)は、7話目の放送となります。

物語は、痛快なリーガルヒューマンエンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

グッドワイフ あらすじ 7話は、下記の内容となります。

壮一郎(唐沢寿明)の弁護をすると表明した杏子(常盤貴子)。

その会見映像を見ながら、多田(小泉孝太郎)は杏子に電話をかける。

会見後、杏子は壮一郎が内閣官房副長官・南原(三遊亭円楽)の汚職疑惑を捜査中、収賄の罪を着せられたと知る。

南原の不正を暴くには、情報提供者と接触し証拠文書を入手するしかないという。

その一方、杏子は多田の案件のサブに回ることになる。

以上が、グッドワイフ あらすじ 7話の紹介でした。

日曜劇場「グッドワイフ」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

常盤貴子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント