トレース あらすじ 8話

トレース あらすじ 8話

2019年1月開始の冬ドラマ 月曜日のおすすめは、錦戸亮さん 主演「トレース~科捜研の男~」です。

物語は、犯行現場に残された痕跡から真実を導き出す本格サスペンス

2月25日(月)は、8話目の放送となります。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

トレース あらすじ 8話は、下記の内容となります。

ノンナ(新木優子)は妹・カンナ(山谷花純)の友達で女優の梨央から頼まれ、ある殺人事件を調べる。

事件の被害者・秀司(落合モトキ)と加害者・治(渋谷謙人)は梨央と同じ養護施設で育ち、家族同然の仲だった。

そんな中、真野(錦戸亮)の指摘から、治が別の殺人事件に関与した疑いが浮上。

それを聞いた梨央は自分のせいだと言い出す。

さらに真野は新たな事実に気付く。

以上が、トレース あらすじ 8話の紹介でした。

「トレース~科捜研の男~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

錦戸亮さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント