後妻業 あらすじ 6話

後妻業 あらすじ 6話

2019年 冬の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火9ドラマ 「後妻業」です。

主演は、木村佳乃さん 。

2月26日(火)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

後妻業 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

小夜子(木村佳乃)は笹島(麿赤兒)に遺言を公正証書にしてほしいと頼む。

柏木(高橋克典)は博司(葉山奨之)から再度送られてきた朋美(木村多江)と本多(伊原剛志)の画像を、小夜子に見せる。

本多は、小夜子と司法書士の新井(河本準一)が、笹島邸に入って行くのを目撃。

それを聞いた朋美は、自分にリフォームを依頼した笹島が、小夜子の新たな獲物だという偶然に驚く。

以上が、後妻業 あらすじ 6話の紹介でした。

「後妻業」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

木村佳乃さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント