家売るオンナの逆襲 あらすじ 8話

家売るオンナの逆襲 あらすじ 8話

2019年 冬の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「家売るオンナの逆襲」です。

主演は、北川景子さん。

2月27日(水)は、8話目の放送となります。

物語は、 最強のライバル役で松田翔太も登場!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

家売るオンナの逆襲 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

客の幸子(南野陽子)が、娘のすみれ(大後寿々花)と共同名義の自宅を売り、ケーキ店を開きたいという。

すみれは、幸子が夢のために貯金を使い果たし、別荘も手放した経緯から反対だ。

庭野(工藤阿須加)は娘の同意なしには難しいと返答するが、万智(北川景子)が売ると宣言。

一方、庭野の父・茂雄(泉谷しげる)が上京し、自宅を売却して、たこ焼き屋を始めたいと言い出す。

以上が、家売るオンナの逆襲 あらすじ 8話の紹介です。

「家売るオンナの逆襲」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

北川景子さん ファンの方は、お楽しみください。

この記事へのコメント