ハケン占い師アタル あらすじ 7話

ハケン占い師アタル あらすじ 7話

2019年 冬の連続ドラマ 木曜日のおススメは、杉咲花さん 主演
木曜ドラマ「ハケン占い師アタル」です。

物語は、杉咲花が人気脚本家・遊川和彦とタッグを組んでおくる本格コメディードラマ。

2月28日(木)は、7話目の放送となります。

今回はドラマのあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハケン占い師アタル あらすじ 7話は、下記の内容とないます。

アタル(杉咲花)は母・キズナ(若村麻由美)のことで気をもむ。

一方、代々木(及川光博)が大崎(板谷由夏)らに嫌がらせのような仕事を持ち込む。

それは気難しいピアニスト・タカオ(佐藤貢三)のコンサート企画で、1週間で考えなければならず、大崎らは助け合って奮闘する。

そんな中、代々木は念願だった本社への異動話がなくなり、ぼうぜん。

代々木の心を読んだアタルは・・・。

以上が、ハケン占い師アタル あらすじ 7話の紹介でした。

「ハケン占い師アタル」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

杉咲花さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント