メゾン・ド・ポリス あらすじ 8話

メゾン・ド・ポリス あらすじ 8話

高畑充希が初の刑事役に挑む!

「メゾン・ド・ポリス」3月1日(金)は、8話目の放送となります。

物語は、元警察官の“おじさま”たちと事件を解決!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

メゾン・ド・ポリス あらすじ 8話は、下記の内容となります。

ひより(高畑充希)は亡父と同様の事故で夫を失った美砂(荻野友里)に接触。

亡くなった2人は同じ建設会社勤務だった。

シェアハウスでは、夏目(西島秀俊)達がフリージャーナリスト・真琴(東風万智子)の娘・桃香(住田萌乃)の訴えを聞いていた。

そこに2台のスマートフォンが入った小包が届き、その一つに着信が。

電話の相手は、「藤堂(野口五郎)を誘拐した」と告げる。

以上が、メゾン・ド・ポリス あらすじ 8話の紹介でした。

「メゾン・ド・ポリス」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

高畑充希さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント