後妻業 あらすじ 7話

後妻業 あらすじ 7話

2019年 冬の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火9ドラマ 「後妻業」です。

主演は、木村佳乃さん 。

3月5日(火)は、7話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

後妻業 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

朋美(木村多江)と本多(伊原剛志)は、小夜子(木村佳乃)を呼び出して新井(河本準一)と共に笹島(麿赤兒)の屋敷に入る写真を提示し、マスコミが飛び付くと明言。

朋美の父の遺産の遺留分として相続権の半分を要求し、応じないなら記者会見を開いて民事裁判で争うと宣告する。

その話を聞き、朋美達の本気を確信した柏木(高橋克典)は、朋美に本多抜きで話がしたいと告げる。

以上が、後妻業 あらすじ 7話の紹介でした。

「後妻業」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

木村佳乃さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント