ハケン占い師アタル あらすじ 8話

ハケン占い師アタル あらすじ 8話

2019年 冬の連続ドラマ 木曜日のおススメは、杉咲花さん 主演
木曜ドラマ「ハケン占い師アタル」です。

物語は、杉咲花が人気脚本家・遊川和彦とタッグを組んでおくる本格コメディードラマ。

3月7日(木)は、8話目の放送となります。

今回はドラマのあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハケン占い師アタル あらすじ 8話は、下記の内容とないます。

アタル(杉咲花)を連れ帰ろうともくろむキズナ(若村麻由美)が会社に現れる。

占い以外に何ができるのかと問われたアタルは、自分にしかできない仕事があると証明できなかったら家に戻ると宣言。

そこへ建設会社のイベントコンペの話が舞い込み、アタルは大崎(板谷由夏)らと一緒に企画を考える。

だが、案は出せずミスも連発。

キズナからは占いがないとだめだと言われ・・・。

以上が、ハケン占い師アタル あらすじ 8話の紹介でした。

「ハケン占い師アタル」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

杉咲花さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント