スキャンダル専門弁護士QUEEN あらすじ 9話

スキャンダル専門弁護士QUEEN あらすじ 9話

2019年 冬の連続ドラマ 木曜日のおススメは、竹内結子さん 主演 「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」です。

物語は、6年ぶりの地上波連続ドラマ主演となる竹内結子さんに注目です。

3月7日(木)は、9話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

スキャンダル専門弁護士QUEEN あらすじ 9話は、下記の内容となります。

氷見(竹内結子)がかつて政策秘書を務めた衆院議員・吾妻(山本耕史)に不正献金や氷見との不倫疑惑が持ち上がる中、鈴木(バカリズム)は与田(水川あさみ)らに、氷見が事務所を辞めたことと吾妻からの依頼を受けたことを伝える。

与田らは疑惑を消すため、吾妻とその妻・美咲に会見を開かせ、氷見だけに非難の矛先が向くよう画策する。

一方で、与田は氷見の過去を探る。

以上が、スキャンダル専門弁護士QUEEN あらすじ 9話の紹介でした。

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

竹内結子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント