イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 8話

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 8話

坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演!

「イノセンス 冤罪弁護士」3月9日(土)は、8話目の放送となります。

物語は、 “科学”を武器に逆転劇に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は死刑囚・式根(片岡鶴太郎)の再審請求をすることに。

式根は24年前、社宅住人の集まりで飲料に青酸化合物を混入して6人を死亡させた罪で死刑が確定していた。

式根を取材する聡子(市川実日子)らの話では、式根は無実の可能性がある上、がんに侵されているという。

式根と接見した拓らは、娘・玲子(星野真里)に会うが、協力を拒まれる。

以上が、イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 8話の紹介でした。

「イノセンス 冤罪弁護士」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

坂口健太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント