家売るオンナの逆襲 あらすじ 最終回

家売るオンナの逆襲 あらすじ 最終回

2019年 冬の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「家売るオンナの逆襲」です。

主演は、北川景子さん。

3月13日(水)は、最終回の放送となります。

物語は、 最強のライバル役で松田翔太も登場!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

家売るオンナの逆襲 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

留守堂(松田翔太)が姿を消して1年。

外資系不動産会社が、新宿営業所の担当エリアを浸食してくる。

万智(北川景子)が訪ねた新宿ガーデンハイツは、先方の買い占めにより130戸中、残った居住者が老人2人だけになっていた。

一方、足立(千葉雄大)らが扱う物件も次々と横取りされ、その全てが万智の売り方と同じ。

そこで足立と庭野(工藤阿須加)は客になりすまし、偵察に向かう。

以上が、家売るオンナの逆襲 あらすじ 最終回の紹介です。

「家売るオンナの逆襲」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

北川景子さん ファンの方は、お楽しみください。

この記事へのコメント