スパイラル~町工場の奇跡~ あらすじ

スパイラル~町工場の奇跡~ あらすじ

玉木宏が町工場の再生に奮闘する男を演じるヒューマンエンターテインメント

ドラマBiz「スパイラル~町工場の奇跡~」4月15日(月)放送スタートです。

今回は、あらすじの紹介です。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

スパイラル~町工場の奇跡~ あらすじは、下記の内容となります。

中小メーカー「マジテック」の創業者にして、天才発明家の藤村登喜男(平泉成)が急逝。

恩人である藤村の死を知った企業再生家の芝野健夫(玉木宏)は、大手電機メーカー「曙電機」から転じて、小さな金型工場である「マジテック」の再生を手掛けることを決意する。

芝野は、亡き藤村の娘・浅子(貫地谷しほり)や弟の望(戸塚純貴)、藤村の右腕だった桶本修(國村隼)たちと奮闘するが、過去の因縁から芝野に復讐をもくろむ村尾浩一(眞島秀和)と、外資系ファンド「ホライズン」が、ある目的で乗っ取ろうと動きだす。

降りかかる難題や金融機関の論理に翻弄されながらも、芝野たちは巨大ファンド=“ハゲタカ”に立ち向かっていく。

以上が、スパイラル~町工場の奇跡~ あらすじの紹介でした。

「スパイラル~町工場の奇跡~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

玉木宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント