緊急取調室 あらすじ

緊急取調室 あらすじ

2019年 春の連続ドラマ 木曜日のおススメは、
天海祐希さん 主演 木曜ドラマ「緊急取調室」です。

物語は、天海祐希が2年振りに、妥協を許さないプロの取調官・真壁有希子に変身

4月11日(木)放送スタートです。

今回はドラマのあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

緊急取調室 あらすじは、下記の内容とないます。

警視庁では各署の幹部を集め、被疑者への接し方を穏やかにするよう、極端な指導が行われていた。

ところが、幹部たちが見学する中で、「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)の取調官・真壁有希子(天海祐希)は、反省の色がまったく見られない被疑者を激しい剣幕で一喝する。

それを見た警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子は真壁に対して、しばらく取り調べを控えて新任の教育係に専念するよう命じる。

そんな中、傷害致死・遺体遺棄事件で懲役12年の判決が確定し、護送中だった受刑者・野本雄太が逃走。

主婦・藤沢さおりを人質にして民家に立てこもる事件が発生する。

以上が、緊急取調室 あらすじの紹介でした。

「緊急取調室」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

天海祐希さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント