ストロベリーナイト・サーガ あらすじ

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ

2019年 春の連続ドラマ 木曜日のおススメは、二階堂ふみ&亀梨和也 主演 「ストロベリーナイト・サーガ」です。

物語は、二階堂ふみ&亀梨和也で「姫川玲子シリーズ」を再びドラマ化

4月11日(木)放送スタートです。

今回はドラマのあらすじを紹介致します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ストロベリーナイト・サーガ あらすじは、下記の内容となります。

警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係の主任・姫川玲子(二階堂ふみ)は、ノンキャリアだが27歳という若さで警部補まで成り上がった女性刑事。

そんな姫川班に異動してきたのは、体育会系の刑事・菊田和男(亀梨和也)だ。

ある日、葛飾区の公園内にあるため池付近で変死体が発見される。

死因は出血性ショック死で、喉元が致命傷と考えられた。

このため池は、人命に関わる危険な寄生アメーバ“ネグレリアフォーレリ”の繁殖で一切遊泳禁止となっていた。

1カ月以内にそれに感染し死亡した人間がいることを探り出した姫川は、死体を遺棄する人物のほかに、死体をため池に沈めた人物がいると推測する。

以上が、ストロベリーナイト・サーガ あらすじの紹介でした。

「ストロベリーナイト・サーガ」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

二階堂ふみさん&亀梨和也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント