特捜9 あらすじ 1話

特捜9 あらすじ 1話

2019年4月開始の春ドラマ 水曜日のおすすめは「特捜9」です。

井ノ原快彦演じる浅輪直樹を主人公に、“9係”から“特捜9”に生まれ変わった刑事ドラマが待望の第2シーズン目に突入。

4月10日(水)は、1話目の放送となります。

物語は、どんな幕開けとなるのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

特捜9 あらすじ 1話は、下記の内容となります。

捜査一課特捜班主任の直樹(井ノ原快彦)は、妻・倫子(中越典子)と相棒・新藤(山田裕貴)と出掛けた際に高層ビルでの爆発事件に遭遇。

現場の状況から殺人事件だと見抜き、捜査を始める。

同じ頃、特捜班の青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は爆発後にビルから出てきた2人組を追跡。

一方、志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は爆発でけがをした足代(石倉三郎)らに話を聞く。

特捜9 あらすじ 1話の紹介でした。

井ノ原快彦さん ファンの方は、どうぞ、お見逃しなく!!

この記事へのコメント