緊急取調室 あらすじ 3話

緊急取調室 あらすじ 3話

2019年 春の連続ドラマ 木曜日のおススメは、
天海祐希さん 主演 木曜ドラマ「緊急取調室」です。

物語は、天海祐希が2年振りに、妥協を許さないプロの取調官・真壁有希子に変身

4月25日(木)は、3話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

緊急取調室 あらすじ 3話は、下記の内容とないます。

カリスマデイトレーダー・理沙が自宅マンションで殺され、実際に取引を行っていたのは隣人・かすみだと分かる。

理沙の仮想通貨の口座を使用したことは‘詐欺’に当たり、かすみはそれについては認めるが、殺人は否定。

有希子(天海祐希)らキントリがかすみの取り調べを始める中、理沙が高齢男性数名を相手に詐欺を働き、約1億円を手にしていたことが判明する。

以上が、緊急取調室 あらすじ 3話の紹介でした。

「緊急取調室」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

天海祐希さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント