ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 4話

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 4話

2019年 春の連続ドラマ 木曜日のおススメは、二階堂ふみ&亀梨和也 主演 「ストロベリーナイト・サーガ」です。

物語は、二階堂ふみ&亀梨和也で「姫川玲子シリーズ」を再びドラマ化

5月2日(木)は、4話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 4話は、下記の内容となります。

玲子(二階堂ふみ)、菊田(亀梨和也)らは2人の会社員が違法薬物で殺害された事件を調べることに。

事件に気付いたのは監察医の國奧(伊武雅刀)だ。

そんな中、玲子は、母親の瑞江(菊池桃子)が倒れて入院したと知る。

瑞江は、11年前に玲子の身に起きた事件で、自らを責め続けていた。

一方、捜査線上に浮かんだ女子高生・美樹と話すうち、玲子は11年前を思い出す。

以上が、ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 4話の紹介でした。

「ストロベリーナイト・サーガ」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

二階堂ふみさん&亀梨和也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント