家政夫のミタゾノ あらすじ 3話

家政夫のミタゾノ あらすじ 3話

松岡昌宏さん 主演 金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」

物語は、痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。

5月3日(金)は、3話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

家政夫のミタゾノ あらすじ 3話は、下記の内容となります。

三田園(松岡昌宏)と光(伊野尾慧)は、次期総理を目指す官房長官・内部の家へ。

妻亡き後、小学生の娘・絵里(川北のん)と2人暮らしの内部家には、家庭教師・近藤(嘉島陸)が出入りしていた。

折しも、内部は「総理大臣医薬化学賞」を受賞したばかりの大学教授・落合(大堀こういち)の新薬の研究データに誤りがあるという報道を差し止めようと対策に追われていて・・・。

以上が、金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ あらすじ 3話の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント