科捜研の女 あらすじ 4話

科捜研の女 あらすじ 4話

沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー

木曜ミステリー「科捜研の女」いよいよ第19シリーズへ!!

5月9日(木)は、4話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 4話は、下記に内容となります。

病院から一時帰宅していた人気絵本作家・由子(室井滋)が撲殺される。

余命宣告を受けた由子は、全財産8億円を愛猫・ももの世話をするという条件付きで、ペットシッターの剛(笠松将)に贈与するとしていた。

マリコ(沢口靖子)達は、由子の耳とももの頭部から、犯人の物と思われるハンドクリームを検出。

土門(内藤剛志)は、担当編集者・水野(小久保丈二)らに話を聞く。

以上が、科捜研の女 あらすじ 4話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント