ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 5話

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 5話

2019年 春の連続ドラマ 木曜日のおススメは、二階堂ふみ&亀梨和也 主演 「ストロベリーナイト・サーガ」です。

物語は、二階堂ふみ&亀梨和也で「姫川玲子シリーズ」を再びドラマ化

5月9日(木)は、5話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 5話は、下記の内容となります。

超能力者との噂があるマジシャンの吉原が自宅で刺殺され、その携帯電話には入力途中の数字と記号が残されていた。

玲子(二階堂ふみ)は所轄署の相楽(宮地雅子)と組み、携帯電話に登録された人物に当たることに。

玲子は登録リストに勝俣(江口洋介)の名前を見つけるが、勝俣は吉原との関係を否定する。

一方、菊田(亀梨和也)はマジック用品店で、吉原ともめた客がいたと聞く。

以上が、ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 5話の紹介でした。

「ストロベリーナイト・サーガ」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

二階堂ふみさん&亀梨和也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント