家政夫のミタゾノ あらすじ 4話

家政夫のミタゾノ あらすじ 4話

松岡昌宏さん 主演 金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」

物語は、痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。

5月10日(金)は、4話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

家政夫のミタゾノ あらすじ 4話は、下記の内容となります。

三田園(松岡昌宏)、光(伊野尾慧)、萌(川栄李奈)は、翌日に宝石強盗事件の結審を控える裁判官・玄角(山崎一)の家へ。

4人家族の玄角は、大学生の娘・正子(矢作穂香)に自分と同じ裁判官への道を期待していた。

三田園は早速、中学生の息子・公平(田中奏生)と妻・優美子(中島ひろ子)それぞれの秘密を握る。

一方、萌は物置部屋で、血痕の付いた金属バットを発見する。

以上が、金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ あらすじ 4話の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント