緊急取調室 あらすじ 6話

緊急取調室 あらすじ 6話

2019年 春の連続ドラマ 木曜日のおススメは、
天海祐希さん 主演 木曜ドラマ「緊急取調室」です。

物語は、天海祐希が2年振りに、妥協を許さないプロの取調官・真壁有希子に変身

5月16日(木)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

緊急取調室 あらすじ 6話は、下記の内容とないます。

保育園児の凛が行方不明に。

夜、母親の明日香が外出から戻ると、夫が階段下で死亡しており、凛がいなくなっていたという。

捜査に当たる監物(鈴木浩介)は明日香の関与を疑い、有希子(天海祐希)達に協力を仰ぐ。

渡辺(速水もこみち)は近隣住民から、ウサギの着ぐるみ姿の人物が凛を連れ去る映像を入手。

程なく、凛は無事保護され、重要参考人として保育士・七海が浮上する。

以上が、緊急取調室 あらすじ 6話の紹介でした。

「緊急取調室」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

天海祐希さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント