ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 6話

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 6話

2019年 春の連続ドラマ 木曜日のおススメは、二階堂ふみ&亀梨和也 主演 「ストロベリーナイト・サーガ」です。

物語は、二階堂ふみ&亀梨和也で「姫川玲子シリーズ」を再びドラマ化

5月16日(木)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

路上で3人が刺され1人が死亡、身元不明の犯人の男が自殺を図り意識不明に。

犯行が無差別か計画的かを探る玲子(二階堂ふみ)らは、最初に襲われて重傷を負った里美(黒沢あすか)を訪問。

玲子は彼女の反応に違和感を抱く。

2人目の被害者・彩香(横田美紀)に会った葉山(葉山奨之)は、同僚を亡くした彩香に過去の自分を重ねる。

一方、菊田(亀梨和也)の調べで里美にまつわるある事実が判明する。

以上が、ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 6話の紹介でした。

「ストロベリーナイト・サーガ」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

二階堂ふみさん&亀梨和也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント