家政夫のミタゾノ あらすじ 5話

家政夫のミタゾノ あらすじ 5話

松岡昌宏さん 主演 金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」

物語は、痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。

5月17日(金)は、5話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

家政夫のミタゾノ あらすじ 5話は、下記の内容となります。

三田園(松岡昌宏)、光(伊野尾慧)、萌(川栄李奈)が派遣されたのは古い日本家屋。

主人の悠一(長谷川朝晴)は妻を亡くしたばかりで、弥生(根岸姫奈)と葉月(前田織音)の娘2人を抱え、近所の親戚・昭恵(野村真美)がこの日も様子を見に来ていた。

そんな中、家を売ってほしいと現れた不動産業者の真子が妻とうり二つ。

悠一は言葉を失い、葉月は「ママ」と大はしゃぎする。

以上が、金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ あらすじ 5話の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント