ラジエーションハウス あらすじ 7話

ラジエーションハウス あらすじ 7話

2019年4月開始の春ドラマ 月曜日のおすすめは、窪田正孝さん 主演
「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」です。

5月20日(月)は、7話目の放送となります。

脚本は「グッド・ドクター」の大北はるか、演出は「HERO」シリーズを手掛けた鈴木雅之が務める。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ラジエーションハウス あらすじ 7話は、下記の内容となります。

軒下(浜野謙太)は中学校の同級生の志朗(篠原篤)と真貴(松本若菜)夫妻と再会。

真貴は乳がんの疑いがあり、再検査を優先してほしいと頼まれた軒下だが、特別扱いはできず心苦しさを覚える。

志朗の精神状態が気になる唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)に相談。杏は唯織に頼り過ぎだと注意されており、一線を引こうとする。

一方、小野寺(遠藤憲一)はあることを調べ・・・。

以上が、ラジエーションハウス あらすじ 7話の紹介でした。

「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

窪田正孝さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント