家政夫のミタゾノ あらすじ 6話

家政夫のミタゾノ あらすじ 6話

松岡昌宏さん 主演 金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」

物語は、痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。

5月24日(金)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

家政夫のミタゾノ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

三田園(松岡昌宏)、光(伊野尾慧)、萌(川栄李奈)が訪れた丸山家は、会社員の武(小林隆)、妻の雅子(ふせえり)、引きこもりの長男・清(渕野右登)、長女・紗英(黒崎レイナ)の4人家族。

武が余命半年を宣告されたため、家事はプロに任せて‘家族の時間’をつくることにしたという。

ところが、告知が病院側の誤りで武は健康体と判明。その武が三田園に意外なことを頼む。

以上が、金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ あらすじ 6話の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント