東京独身男子 あらすじ 6話

東京独身男子 あらすじ 6話

高橋一生さん 斎藤工さん 滝藤賢一さん 主演 土曜ナイトドラマ「東京独身男子」

5月25日(土)は、6話目の放送となります。

物語は、3人の独身アラフォーが巻き起こす愛すべき男たちの結婚をめぐるラブコメディ!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

東京独身男子 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

三好(斎藤工)の元妻・薫(野波麻帆)が現れる。三好は薫との離婚協議で多くの財産を渡していたが、薫は夫婦時代に買った東京都内一等地の墓地を要求。

SOSを受け、太郎(高橋一生)と岩倉(滝藤賢一)も薫と対峙(たいじ)するが、薫の態度は強硬で、弁護士の岩倉さえ黙らせる。

一方、かずな(仲里依紗)には思わぬ再会が。

そして岩倉は透子(桜井ユキ)との将来と現実の間で揺れ動く。

以上が、東京独身男子 あらすじ 6話の紹介でした。

東京独身男子の放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

高橋一生さん 斎藤工さん 滝藤賢一さん ファンの方は、お楽しみに!!

この記事へのコメント