わたし、定時で帰ります。 あらすじ 7話

わたし、定時で帰ります。 あらすじ 7話

2019年 春の連続ドラマ 火曜日のおススメは、吉高由里子さん 主演 火曜ドラマ 「わたし、定時で帰ります。」です。

5月28日(火)は、7話目の放送です。

物語は、 “残業問題”を切り口に働く全ての人々を応援するワーキングドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

わたし、定時で帰ります。 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

結衣(吉高由里子)の母・美園(山下容莉枝)が家出した。

美園は夫・宗典(小林隆)に離婚してほしいというメッセージを送り、以降は連絡を拒絶。

家のことは何もできない宗典は、事あるごとに結衣へ連絡をしてくる。

一方、福永(ユースケ・サンタマリア)が衣料雑貨メーカー・星印工場のむちゃな要望を受け、結衣は仕事と実家双方の板挟みに。

種田(向井理)はそんな結衣を気に掛ける。

以上が、わたし、定時で帰ります。 あらすじ 7話の紹介でした。

「わたし、定時で帰ります。」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

吉高由里子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント