緊急取調室 あらすじ 7話

緊急取調室 あらすじ 7話

2019年 春の連続ドラマ 木曜日のおススメは、
天海祐希さん 主演 木曜ドラマ「緊急取調室」です。

物語は、天海祐希が2年振りに、妥協を許さないプロの取調官・真壁有希子に変身

5月30日(木)は、7話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

緊急取調室 あらすじ 7話は、下記の内容とないます。

スポーツジム勤務の坂本(尾崎右宗)が殺され、元妻で宝石販売会社社長・佐知恵(大久保佳代子)が自首した。

23歳年下の同社販売員・純(稲葉友)との入籍を控える佐知恵は、有希子(天海祐希)らに対し、彼のため1日も早く罪を償いたいと話す。

10年前に別れた坂本とは金銭トラブルがあったという。

小石川(小日向文世)は純に不審を抱き、事件の洗い直しを主張する。

以上が、緊急取調室 あらすじ 7話の紹介でした。

「緊急取調室」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

天海祐希さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント