家政夫のミタゾノ あらすじ 7話

家政夫のミタゾノ あらすじ 7話

松岡昌宏さん 主演 金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」

物語は、痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。

5月31日(金)は、7話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

家政夫のミタゾノ あらすじ 7話は、下記の内容となります。

元レスリング日本代表で、大学でコーチを務める黒部(大澄賢也)に、教え子・愛子(青山めぐ)との不倫疑惑が浮上。

しかし、妻・静子(黒谷友香)の‘神対応’で、騒ぎは治まる。

黒部宅に派遣された三田園(松岡昌宏)、光(伊野尾慧)、萌(川栄李奈)は、黒部が‘モラハラ夫’で不倫も事実だと気付くが、黒部は三田園に、離婚に有利になるよう静子の弱みを探ってくれと言う。

以上が、金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ あらすじ 7話の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント