ラジエーションハウス あらすじ 9話

ラジエーションハウス あらすじ 9話

2019年4月開始の春ドラマ 月曜日のおすすめは、窪田正孝さん 主演
「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」です。

6月3日(月)は、9話目の放送となります。

脚本は「グッド・ドクター」の大北はるか、演出は「HERO」シリーズを手掛けた鈴木雅之が務める。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ラジエーションハウス あらすじ 9話は、下記の内容となります。

倒れた杏(本田翼)が肩を痛め、検査を巡って唯織(窪田正孝)と辻村(鈴木伸之)の意見が対立する。

一方、辻村の父で有名医大教授の丈介(名高達男)の依頼で、大物政治家の安野(中村梅雀)が入院。

偽装入院の噂を打ち消す‘それらしい診断名’を要求された主治医の辻村は、形だけの検査を小野寺(遠藤憲一)らに指示する。

ところが、現れた丈介が検査の中止を命じ・・・。

以上が、ラジエーションハウス あらすじ 9話の紹介でした。

「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

窪田正孝さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント