家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回

家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回

松岡昌宏さん 主演 金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」

物語は、痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。

6月7日(金)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

光(伊野尾慧)が家政夫を辞めると言い、三田園(松岡昌宏)、萌(川栄李奈)と最後の仕事に。

依頼人は伝説のロックバンドのボーカル・ケビン(宇梶剛士)だ。

そのホームパーティーの最中、専務の東郷(川島潤哉)が「次のライブをしたらケビンを殺す」という脅迫状をポストで発見。

ケビンの娘でマネジャーの奈緒美(朝倉あき)は2日後のドームライブの中止を提案するが・・・。

以上が、金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント